旅行でダイビングを楽しめるようにしよう|海の中を散歩できる方法

きれいな海に潜ろう

ダイビング

日本本土にはない、沖縄の白い砂浜とエメラルドグリーンの海はサンゴなしには語れません。これらはサンゴが酸素を排出することにより浄化され、美しい海とビーチを作り出しています。またサンゴは酸素と一緒に魚の食料となるミネラルも排出するため、サンゴ礁の周りには色とりどりの魚たちが集まります。これらのことから沖縄には数多くのシュノーケルスポットがあり、年間を通して多くの観光客が集まります。シュノーケル自体がライセンス不要で、子供でも楽しめます。しかもサンゴには波を抑える効果もあるので、初心者でも楽しめるシュノーケリングスポットがたくさんあるのも魅力です。わざわざパスポートを取って海外まで行かなくて済む手軽さも良いですね。

沖縄の海のきれいさは先述した通りです。お勧めシュノーケルスポットはたくさんありますが、圧倒的に人気なのは慶良間諸島でしょう。慶良間諸島周辺の海は沖縄の海の中でも圧倒的に透明度が高く、ウミガメも生息しています。冬だとザトウクジラにも会えるかもしれません。もちろん南国の魚たちにも数多く出会えますよ。周辺の無人島でもサンゴ礁が広がり、シュノーケルだけでなく各種マリンスポーツも楽しめるので、両方やりたい欲張りな人にお勧めです。沖縄本土から20km〜40kmほどなので、その気になれば日帰りでも楽しめますが、できれば宿泊した方がゆったり遊べますよ。今までシュノーケルをしたことがない人も、この夏挑戦してみてはいかがでしょうか。